factory

サンプラーサン

alt


お知らせ

v3.0

廃止になる機能もありますので、ご確認ください。
広告を消す機能は延期となりました。
いくつかの新機能と不具合の修正です。
名前が変わりました。 イチニノサンプラー -> サンプラーサン
録音可能数が45に増えました。
一番のパッドに録音した音をワンタッチで分割できます。
簡易シーケンサーが新しくなりました。

v1.4

ファイルappからファイルの取り込みができます。
ファイルappへ初期状態の音楽ファイルを書き出せます。
(自分のファイルのバックアップとしての書き出し機能です。違法な音声の書き出しは禁止です。)
padボタンに名前が付けられます。
ドラムボタンの廃止。
廃止されたドラムのボタンに録音ができるようになりました。
上部の三角ボタンで機能が隠せます。
pitchが100ごとに上がるキーボード風ボタンの追加。
スライダーout/hpf/lpf/volume/time/pitchの文字をダブルタップすると、
スライダーが初期位置にもどります。
おまけでボタン名読み上げボタンの追加。

v1.3.1

パータンを記録できます。
各音でボリュームをいじる。
各音でピッチをいじる。
各音で再生速度をいじる。
低音を切ったり高音を切ったり。
音を悪く録音できます。
録音でundoを使えます。

demo


サンプラーサンとは?

お手軽サンプラーです。
工夫して録音すると良い感じになります。
lo-fiな感じに録音できます。
ボタンを押して離すだけで録音ができます。
ボタンを押した順番を少し記録できます。
著作権は守りましょう。


jp JP


information

v3.0

Here are some new features and bug fixes.
Some features will be discontinued, so please check back.
The ability to remove ads has been postponed.
The name has been changed.
The number of possible recordings has been increased.
You can divide the sound recorded on the most pad by one touch.
New simple sequencer.

v1.4

You can import files from “file.app”.
The initial state music file can be exported to “file.app”.
(This is an export function as a backup for your own files. Illegal audio exports are not allowed.)
You can name the pad button.
Discontinuation of the drum button.
You can now record to the abolished drum button.
You can hide the function with the triangle button at the top.
The addition of a keyboard-like button where pitch goes up by 100.
Double-tap the letter “out/hpf/lpf/volume/time/pitch” on the slider to return the slider to its initial position.
As a bonus, a button name reading out loud is added.

v1.3.1

Record the pattern.
Adjust the volume with each sound.
Adjust the pitch with each sound.
Adjust playback speed for each sound.
Cut bass or treble.
Record at a low sampleRate.
Do undo with recording


You can record and play.

Let’s record.
Choose “rec”.
Start recording by pressing numerical button.
Release the number button to stop recording.
The microphone is on the bottom of the main unit.

Let’s sound.

Choose “play”
When you press a button with a number
The recorded sound will sound.

If you raise the volume too much,
There is a danger of damage to equipment.

us US


source

se